一棟売りマンションの活用で資産を増やす|不動産は重要な資金源

マンションの模型

不動産の投資セミナーとは

セミナー

不動産投資セミナーは無料で開かれる場合が多いものです。まず最初は投資物件をどういうものにするかを決定します。大切なことは駅前に近くて多くの利便施設が揃っており、永続的な需要があり、空室のできないことが条件になります。東京であれば都心部で需要からいうとワンルーム物件、あるいは資金があれば1棟の物件ということも考えられます。米国が移民の国であり、今後人口増加が見込まれ本国のシェールガスの生産や現在の景気回復状況、マネーサプライの終了と金利の段階的引き上げ等により不動産投資はより活発化すると見られています。我が国でも今後はそうした細分化された分野での不動産投資セミナーが開かれる可能性もあり、予約制の少人数制のセミナーが増加して行くと見られています。

不動産投資セミナーは現在の年金システムでは定年後に期待が持てないという意見が多いものです。そのような場合に資金も住宅ローンを借りることもできますし、毎月インカムゲインとしての賃料収入が入って来ることになり、その中から毎月のローンの返済に充てることもでき有利と見られています。いざとなったら物件を売却してキャピタルゲインとしての売却益を得ることもあって魅力的なものと見られています。ただ、空室率が限りなくゼロに近いということが前提になり、リスクも伴います。その間設備機器の修理や取り換え、リフォームなどを行うことも考えられますから最初の10年から15年位まではあまり収益は期待できません。収益率の良い物件は新築物件よりもむしろ中古物件が適しているともいわれ、家賃の設定でも最善の注意を払う必要があります。不動産投資セミナーではこのような有用な情報を実務者から直接に得ることが出来て有効と見られています。